ビタミンB6

皮膚炎の予防に効果的なビタミンB6

point

ビタミンB6を多く含む食品や欠乏など、ビタミンB6について解説しています。B6は、水に溶ける水溶性ビタミンで、皮膚炎を予防することから発見されたビタミンです。B6は、広く各種食品に含まれていて、とくに、かつお、まぐろなどの魚類、レバー、肉などに多く含まれています。

まずビタミンB6の概要を簡単に紹介します。ビタミンB6は、水に溶ける水溶性ビタミンのひとつで、皮膚炎を予防することから発見されたビタミンです。腸内細菌によって一部私たちの体内でもつくられるので、一般的には不足しにくいといわれています。ではもう少しくわしくみていきましょう。

ビタミンB6を多く含む食品

B6は、広く各種食品に含まれています。とくに、かつお、まぐろなどの魚類、レバー、肉などに多く含まれています。

果実ではバナナ1本に0.38mgと比較的多く含まれています。たんぱく質を多く摂取している運動選手には、間食のバナナが、よいエネルギー源になるほか、ビタミンB6補給という意味でもおすすめです。

肉類

牛レバー(肝臓) 0.89mg、ビーフジャーキー 0.85mg、鶏ひき肉 0.68mg、鶏レバー(肝臓) 0.65mg

魚類

まぐろ(赤身) 0.85mg、まぐろ(脂身) 0.82mg、かつお 0.76mg、いわし(丸干) 0.68mg

豆類

きな粉 0.58mg、だいず(乾) 0.53mg、あずき(乾) 0.39mg

果物

バナナ 0.38mg、プルーン(乾) 0.34mg、アボガド 0.32mg

1日の目安量

男性 1.6mg、女性 1.2mg、妊婦 1.7mg、授乳 1.8mg、許容上限摂取量 100mg

ビタミンB6が不足すると

B6が不足すると、皮膚炎や口内炎、貧血、脂肪肝になることが知られています。腸内細菌によってもつくられることから、一般的には不足しにくいビタミンです。しかし、抗生剤を長期間飲んでいる人では不足することがあります。

ビタミンB6の過剰摂取

B6は、通常の食生活ではとり過ぎになる心配はほとんどないといわれています。ただし、B6作用をする数種の物質のうちピリドキシンのみを、ビタミン剤やサプリメントによって長期に大量摂取した場合は感覚神経に障害がみられたという報告があるようです。

ビタミンB6まとめ

  1. B6は、皮膚を健康に保つはたらきがある
  2. B6は腸内細菌によってもつくられるため、一般的には不足しにくい
  3. B6は腸内細菌によって体内でもつくらる
  4. B6は、アミノ酸と脂肪酸の代謝、正常な神経機能、赤血球の形成に不可欠
  5. 化学名はピリドキシン
  6. B6は、皮膚炎を予防することから発見された
  7. B6は、水に溶ける水溶性のひとつ
  8. B6を多く含む食品は、かつお、まぐろなどの魚類、レバー、肉など
  9. B6が不足すると、皮膚炎や口内炎、貧血、脂肪肝になる
  10. B6欠乏症は、貧血、皮膚の炎症を引き起こす
  11. B6はバナナ1本に0.38mgと比較的多く含まれる
  12. B6は、通常の食生活で、とり過ぎになることは、ほとんどない

サプリメント

このページの先頭へ戻る

このページでは、ビタミンB6を多く含む食品や欠乏など、ビタミンB6について紹介しています。